フォト

女性に優しいリラクゼーション整体です

  • 快整体術に基づいた、経絡調整を中心にストレッチ等織り交ぜながら心身のバランスを整えていく、深いリラックスを体感しながらもしっかり効く、女性も安心の優しい整体です。日常動作やセルフケアのアドバイスも致します。前身の「出張整体ちろりや」から今日まで、幅広い年代のお客様にご利用頂いております

整体メニュー

  • ・整体60分5,000円・整体45分4,000円 ・整体30分3,000円・顔リフレ3,600円 ・フットリフレ30分 3,500円  延長15分1500円

早朝・深夜料金

  • 施術スタートが10時以前、または20時以降、及び施術終了時間が21時を過ぎる場合、別途500円頂きます

歴史ある町屋商店街にございます

  • 〒236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町19-4 ★ 045-367-9371 ★歴史ある町屋商店街の一角にございます 金沢小学校すぐそば ★最寄駅は 京急金沢文庫または金沢八景駅から徒歩12分 またはシーサイドライン野島公園駅から徒歩5分 バスをご利用の場合は町屋バス停から徒歩1分

珈琲豆&癒し処ちろりやfacebookページ

facebookお友達募集中

フォローよろしく

« マウスとマウス | トップページ | 「かねさは」の称名寺 »

髪と共に気分も軽く!

湿度が上がる梅雨の時期、クセ毛の方には辛い頃でもありますね

私も子供の頃から面倒なクセ毛に悩まされてまして、相当なコンプレックスでもありました

まず、一番気になる前髪&顔周りが左右違うクセでして、ドライヤーでセットするのに毎朝30分かけていても、部活や体育の授業で汗をかけばあっというまにクリンクリン♪に戻っちゃう

コテで毎日懸命に伸ばしたら、案の定すっかり痛んだ髪に

じゃぁいっそのこと・・・と、めいっぱいクリクリにパーマをかけていた頃もありました

赤ら顔&ニキビも追い討ちをかけ、思春期の頃の私は、自分を見られるのが嫌で、人と目を合わすのが苦手で、いつも下を向いていたような気がします

ブラシと手鏡を忘れて出かけただけで脂汗かいてました

・・・・が、時代は流れ、今は縮毛矯正という強~い見方がいます

初めての時のあの感動ったらなかったですね

あぁまさしくこれは天からのプレゼント(T∇T)アリガトウ~

(なんかだんだん縮毛矯正の布教活動っぽくなってきたゾw)

汗をかくことも怖くなくなったし、洗って乾かすだけになったので痛まないし、なによりも頭が軽~い♪髪なんて無いみたい

「気にならない」って要素は性格や気持ちも変えてくれます

同じように、皆に勧められて縮毛矯正をし、眼鏡をコンタクトに変えただけで、見違えるように明るくなった友達もいました

コンプレックスよサヨウナラ~~~♪

脱走の瞬間!

↑衝撃☆チビの助脱走の瞬間!

彼に怪力というコンプレックスは無いらしい(笑

ちなみに先日、また奇行をやらかしました(v_v)

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

・・・・・・で、すっかり前置きが長くなりましたが、本題です

ここ半年放置した髪はさすがに痛みも激しく、途中我慢出来なくなって自分で前髪をバチンッ♪と切ったものだから(自分で切るもんじゃありません(x x)、すっかりクリクリ前髪に戻ってしまいまして、帽子が手放せなくなってました

それで最近ようやく行きつけの美容院へ縮毛矯正をしに行くことが出来ました

同じ技術職ということもあり、美容師さんとは色々と雑談(くれぐれも、お酒とかアルコールとか飲み屋とかそんな話だけじゃありませんから(笑))出来て楽しいのですが、今回はわけあって普段ほとんどしない髪型の注文をしました

注文・・・といっても一番の要点&イメージだけです

業界は違えど同じ技術職として私が一番苦手な美容院は「細々とした部分のカットする長さまで客の言うとおりにする店」です

お客様の言うとおりにすればそれで良いの?結果的にそれでお客様が満足しなかったら?技術者としてそれで飛躍出来るの? など等、疑問符ばかりが浮かんでしまいます

何かよっぽどの事情が無い限り、お客様は「似合う髪型」を求めているのであって、それによってお店に入って来た時より帰る時の顔の方が輝いていないといけないハズ

過去に行った店では「ここは後何センチ切りますか?」と、しつこく聞いてくるようなおバカな店も結構ありました(そして不満足な結果になりました)

整体の仕事でも、連日大人数のお客様がいらっしゃる現場の時に、まれに「こことここと、あとここ、それとここ お願いします」と、ものすごく具体的に指示される方もいらっしゃいまして、指示されていない関連した部位を触ろうものなら「違う、こっち」と指摘されました

アスリートの方等、ご自分の身体をよく分かっていて指示されているのならともかく、「う~~ん、、、毎回これじゃぁキリがないよなぁ。。」と思ってまして、ある時上手く説明しながら指示以外の所を触りましたら、結果的に一番気になっていた部位の辛さが緩和されたので、それからその方は主訴のみを伝えてくるようになりました

同時にお顔の輝きもとても良くなりました

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

ちょっと話が戻りますが、長年のコンプレックスってあなどれません

例えば女性のとっても大きな胸。

お客様でも時々いらっしゃるのですが、思春期の頃からそれがコンプレックスになってしまい、目立たぬように肩をすぼめるクセが付き、鎖骨まわりから首・上腕にかけてがあまりにも萎縮して酷い肩こりや頭痛の要因になっている場合があります

他人から見れば羨ましいような事でも、発想の転換など本人自身で打開策を見つけないとなかなかコンプレックスって消えないものです

褒め言葉がかえって相手を傷付ける場合もありますので、外見や目立つクセのことを軽はずみに言わないようにする気遣いも大切ですね(私は仕事柄、指摘せざるおえないのですが(^_^;))

親しき仲にも礼儀あり なんてね

にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

« マウスとマウス | トップページ | 「かねさは」の称名寺 »

モルモット&ハムスター日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

掲載されてます

  • 珈琲時間 2010年 11月号 [雑誌]

    「焙煎師という仕事」のページに当店も載ってます
無料ブログはココログ