フォト

女性に優しいリラクゼーション整体です

  • 快整体術に基づいた、経絡調整を中心にストレッチ等織り交ぜながら心身のバランスを整えていく、深いリラックスを体感しながらもしっかり効く、女性も安心の優しい整体です。日常動作やセルフケアのアドバイスも致します。前身の「出張整体ちろりや」から今日まで、幅広い年代のお客様にご利用頂いております

整体メニュー

  • ・整体60分5,000円・整体45分4,000円 ・整体30分3,000円・顔リフレ3,600円 ・フットリフレ30分 3,500円  延長15分1500円

早朝・深夜料金

  • 施術スタートが10時以前、または20時以降、及び施術終了時間が21時を過ぎる場合、別途500円頂きます

歴史ある町屋商店街にございます

  • 〒236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町19-4 ★ 045-367-9371 ★歴史ある町屋商店街の一角にございます 金沢小学校すぐそば ★最寄駅は 京急金沢文庫または金沢八景駅から徒歩12分 またはシーサイドライン野島公園駅から徒歩5分 バスをご利用の場合は町屋バス停から徒歩1分

珈琲豆&癒し処ちろりやfacebookページ

facebookお友達募集中

フォローよろしく

« 桜 満開 | トップページ | たましいの風景を想う »

巣立ちの時

330_069 前々回の日記でも悩んでいた「ぶったんママと、最後に残ったジュニア二匹(♂+チビの助)を別ケージにするか否か」という問題ですが、やはり性成熟期も目前に迫り、ぶったんママがメス特有の強気っぷりを発揮してきたので、別ケージに分けました

ま、日中は私の心配もよそに、各自個性を発揮して思い思いに寝てますが。。。

←なんだか落着くんだろーなぁ。ちなみに怪我するといけないのでこのパイプは途中で塞き止めてます

  

331_067 ←こちらもコックリコックリ寝てらっしゃいますw

人間でもよく見かける光景ですね

さて、この子を里子に出したら、いよいよ持って我が家にはドンであるぶったんママと、いまだに小さいうえ先日片目に軟膏を塗られてさらに可哀相なチビの助の二匹になります

順に里親さんの元へ引き取られて行き、ちょっぴり寂しい反面、問題ない状態できちんと里子に出せたことにホッと安心もしています

私は犬や猫は飼ったことがないのですが、よく悪徳ブリーダーや悪徳ペットショップの話を聞くと、よくそんなことが出来るなーーと耳を疑います

小さくても「命」を扱っているのにね

特に最近は「mix犬」として売られている犬も多く見られますが、人間の趣向にだけ重点をおいて不自然に産ますのはどうかと思います

我が家のキンクマたちも、元々は自然界にいない品種ですけどね

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

私が働く癒し・健康業界でも色々と悪い噂を聞くことがあります

たいがいが問題のある商売の仕方で、健康にかこつけて抱き合わせ商法的なことに騙された方も多く、私が物販に関してさらに興味が湧かなくなる原因になっています

購入した商品が満足いく物ならまだ良いですが、根本的に問題のある商品を販売するなんてことは話しになりませんし、販売する側がその商品についてよく理解してない場合もあります

私の場合は、まず最低限、自分が心底ほれ込んで、その商品について深く理解しないと(単に自分には効果があったとかそんな程度じゃなく)とてもじゃないですが人には薦められません

お客様の中にも、藁をもすがる思いで色々な健康法・手技に飛びつく方がいらっしゃいますが、だからなお更、自分の許容範囲内で出来ること・出来ないこと つまりその方にとって一番良い方法を一緒に考えてあげる事が大切だと考えています

…て、何でこんな話になったんだ??w

047_1  ともかく、人を扱うせよ動物を扱うにせよ、そこにはまず相手を想う純粋な愛情がなければ、何より大事な信頼関係を損なう事になるでしょうね

ハムスターの場合は、気長に接しないとなかなか信頼関係が生まれません

なので、こちらとしても必然的に注意深ーーく観察することが多くなり、出張整体一本になってから多少の安定感が生まれていた最近の私にとっては、初心に戻れるいいきっかけを作ってくれました

みんなみんなこれからも達者でな!Good Luck!

■おまけ■~じゃれあうジュニアの動画 激しいですw~

遊んでるの?ケンカしてるの?

(片目が開いてない方がチビの助)

にほんブログ村 健康ブログへ人気blogランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

« 桜 満開 | トップページ | たましいの風景を想う »

モルモット&ハムスター日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

掲載されてます

  • 珈琲時間 2010年 11月号 [雑誌]

    「焙煎師という仕事」のページに当店も載ってます
無料ブログはココログ