フォト

女性に優しいリラクゼーション整体です

  • 快整体術に基づいた、経絡調整を中心にストレッチ等織り交ぜながら心身のバランスを整えていく、深いリラックスを体感しながらもしっかり効く、女性も安心の優しい整体です。日常動作やセルフケアのアドバイスも致します。前身の「出張整体ちろりや」から今日まで、幅広い年代のお客様にご利用頂いております

整体メニュー

  • ・整体60分5,000円・整体45分4,000円 ・整体30分3,000円・顔リフレ3,600円 ・フットリフレ30分 3,500円  延長15分1500円

早朝・深夜料金

  • 施術スタートが10時以前、または20時以降、及び施術終了時間が21時を過ぎる場合、別途500円頂きます

歴史ある町屋商店街にございます

  • 〒236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町19-4 ★ 045-367-9371 ★歴史ある町屋商店街の一角にございます 金沢小学校すぐそば ★最寄駅は 京急金沢文庫または金沢八景駅から徒歩12分 またはシーサイドライン野島公園駅から徒歩5分 バスをご利用の場合は町屋バス停から徒歩1分

珈琲豆&癒し処ちろりやfacebookページ

facebookお友達募集中

フォローよろしく

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

ハムたちと過ごす春の夜

世の中はGWに突入しましたが、我が家の旦那はよりによってこんな時に海外出張へ(気の毒…(^_^;))

出張整体ちろりやはGWも通常営業してますので、こんな勤労夫婦に長期休暇なんてものはアリマセン

とはいえ、昨年もそうでしたが、常連のお客様たちは休暇に合わせて旅行へ出かける方が多いので、さすがに 暇 です

そんなわけで、最近ますます巨大化したぶったんと、なんとか片目が開きやすくなってきたチビの助を久しぶりにめいっぱいお散歩させてあげました

↓で、こんな動画を撮ったり(すっごい短いデス)

かくれんぼ

↓こんな動画を撮ったり(一瞬見せるカメラ目線が可愛いってだけです)

ぶったん

そんな事に夢中になり、チビの助をすっかり忘れていました

チビの助はバリケードにしているダンボールにアタックしていたハズ。。。

そういえばやけに静かだな・・・・・・

と思ったら

「プギャァー!ブ、ブギャァ!!」とチビの助の叫び声

驚いて見てみると、ダンボールに貼られていたガムテープを自分で剥がしたようで、ペロン♪となったガムテープにチビの助の手が張り付いて離れなくなっていました

必死にガムテープから逃れようと、ものすごい形相で格闘しているので、ちょっと手を貸してあげるとすぐに剥がれました

しばし目を丸くして見詰め合う私とチビの助

それにしても、ピッタリ貼られたガムテープをまさか器用に剥がすとは…

その後、あわてて全部のガムテープを剥がしたのでした

まだまだ注意が足りませんでした 反省。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

ところで、前回の日記で書いた「昭和の日にしおさい公園へ計画」は、お陰さまで日中のご予約が埋まったのでナシになりました

なので、以前撮った葉山湘南国際村のツツジ園の写真を載せておきます

Dh000041_2 Dh000039

Dh000040

      

ぐるりとすり鉢状になった斜面に色とりどりのツツジが咲いています

のんびり歩けますので、見頃のうちに是非どうぞ

何でも時期のモノっていうのはあっという間に終わります

一年中いつでも何でも手に入る世の中になったからこそ、今しか見れない・体感できない事ぐらいには、多少の手間は惜しまず出かけたいものですね

にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

昭和の日としおさい公園

今年から4月29日は「みどりの日」から「昭和の日」になりました

元々は昭和天皇の誕生日だったのですが、個人的には「みどりの日」が気に入っていましたので、何故こうなったのかちょっと調べたらこんなサイトがありました

特定非営利活動法人「昭和の日ネットワーク」

↑細かい経緯まで載っていてなかなか興味深いので是非読んでみて下さい

色々なご意見があるとは思いますが・・・

そんなわけで水面下では「昭和の日」を制定する為の活動が進んでいたようですが、著名活動などには遭遇しなかったので、寝耳に水でした

ちなみに「海の日(7/16)」は、たまたま山下公園で著名活動をしているところに遭遇し、話しを聞いて喜んで著名しましたので、微力ながら自分も制定には貢献したんだなぁ と思うと感慨深いものがあります

それと、「みどりの日」は今年から5月4日に移行しました

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

で、私が一番気になっていたこと

Dh000026a それは、4月29日は毎年無料開放してくれていた葉山のしおさい公園が今年からどうなるのだろう?ということでした

(普通に入園しても300円ですが(^_^;))

←以前撮ったしおさい公園内

         

葉山御用邸の並びにあるしおさい公園は、大正天皇崩御・昭和天皇皇位継承の地として町の史跡に指定されています(←サイトからのコピー)

だからってわけではなく、すぐ隣には神奈川近代美術館があり、目の前には一色海岸が広がり、散歩するのにちょうど良いので、毎年時間が空くと無料開放に合わせてよく訪れてました

Dh000029 ←こんな青春できちゃうところなんですよ

眺め最高!!

座っているのは船をモチーフにしたれっきとしたオブジェです

そして園内に広がる野草園・博物館をじっくり見ると、皇族の方々がいかに研究熱心かということ(=マニアっぷり)が伝わってきます

野草やウナギや魚介類・微生物に興味がなくても一見の価値ありです

さて、勝手に「みどりの日」だから無料開放にしてたんだ と思い込んでいた私は、今年からどうなるのか電話して聞いてみました

答えはあっけなく

「ハイッ 今年も無料開放ですよ~」

とのことでした

多分、昭和天皇誕生日だった頃から無料開放していたのでしょうね。。。

Dh000030a←よく見ると か、顔がぁっっ!!

どこにあるかは行って探してみてネ

というわけで、今年もGWはさすがに仕事が忙しくはならない様子なので、時間が出来たらフラッと行ってみる計画です

この時期の葉山はツツジも見ごろですし、まだGWの予定をたててない方、是非遊びにいらしてくださいね

出張整体ちろりやGWは無休で通常営業してますので、お疲れの方はお気軽にお呼びください(^ - ^)

それでは皆さん、楽しいGWを~~!!

       

にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

ロシアの思い出

この度エリツィン前大統領が死去しまして、以前我が家の旦那様が仕事の都合で年に1~2回数週間ノボシビルスクやイルクーツクへ滞在していたことを思い出したので、忘れないうちに書き留めておきます

それまで私の中でロシアというと、「戦艦ポチョムキン」「エルミタージュ幻想」「チェブラーシカ」はじめ最先端をいく映画・芸術・科学に秀でたイメージがありました

↓以下、旦那が撮影した写真です

Photo_1

          

例えばこんなロシア教会に代表されるカラフルで曲線が可愛らしい建物ばかりで、一度はエルミタージュ美術館に行ってみたいな バレエを鑑賞するのも良いな と思ったり

      

       

         

Fh010001q_2

フラッと歩けばこんな感じで、緑の中に突如威厳ある石碑(スミマセン、コレが何の記念碑なのかは分りません)がそびえ立っていて、身が引き締まる思いになったり

       

         

Fh000015q_1  

こんな適度に牧歌的なところでお泊りしてみたり

(クリック拡大してよく見ると牛のような動物がいます)

      

Fh000010q_1

        

ちょっと街へ出れば活気あるお店が立ち並んでいたり      

・・・・・・よく見ると、野菜を売っているおばあさんがいますね。。。

       

そう、ご存知の通り、社会主義が崩壊した後のロシアは貧富の差が拡大しているわけです

Fh000031で、旦那が何をしに行っていたかというと、山菜の収穫の時期にあわせて収穫現場へ指導も兼ねて行っていまして、こんな感じのド田舎で人の家を借りて(ホテルなんてありません)住んでいました

トイレも電気もお風呂もありません

ヤブ蚊には刺されるし、この頃皮膚に出来た湿疹はいまだに治りません。。  

Fh000021q

さて、そんなことばかり言ってられません

収穫時は大人からこんな小さな子供までこぞって働きに来ます

休暇中の兵隊さんも遠くから出稼ぎに来ます

 ←何でも手作業なんですよ~   

Fha000018q ←収穫した山菜を天日干しにしています

日本の感覚だと当たり前な、例えば商品の長さを揃える だとか、梱包の仕方だとか、ささいなことでも直接指導する必要があるようですが、とってもマジメに皆働いていたそうです

そんなこんなで数年間

学生さんに頼んで通訳してもらったり、その子の結婚祝を私も一緒に探したり、野外に穴掘ってトイレをしたり(汗)、タクシーの運チャンに放置させられそうになりロシア語と日本語で大喧嘩したり(笑)、色々と観光では出来ない経験をした旦那でしたが、この度諸事情ありロシアとは縁が切れることになりました

文化や時代背景も違う人同士で対等に仕事をするってことはなかなか難しい事ではありますが、これで私がロシアの土地を踏む可能性は限りなくゼロになりました

Fha000024q

     

けど、今でも毎年、こんな可愛い元気な子たちが頑張って働いている姿を思い浮かべると、いつか一度くらいは訪れてみたいな と思うのです

                 

にほんブログ村 健康ブログへ

ブログランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

戦艦ポチョムキン DVD 戦艦ポチョムキン         チェブラーシカ

販売元:アイ・ヴィー・シー
発売日:2003/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エルミタージュ幻想 DVD エルミタージュ幻想

販売元:紀伊國屋書店
発売日:2003/09/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子孫を残すっていう本能

011 せっかく春らしくなってきたというのに、冷たい雨に一部地域では季節はずれの雪

我が家では衣替えをしてしまったので、今更厚い上着を出すわけにもいかず、しまいかけてたストーブにあわてて灯油を補充する という状況です

ツツジと菜の花畑を見に行きたいので、早く落ち着いたポカポカ陽気になってほしいものです

さて、今日はお久しぶりのハム話です

無事、ジュニアたちは里子に出て行き、我が家にはボスであるぶったんと、ようやくそれなりの大きさに育ったものの、いまだ片目の開き具合がいまいちなチビの助の二匹になり、あのドタバタがウソのように静かな日々に戻りました

331_066 …が、親子とはいえ、

ぶったん=メス チビの助=オス

ということで、一緒に散歩させる時はしっかり見張ってないと、発情の日は交尾をしそうになってしまいます

何度かギリギリセーフな時がありまして、息子に対してお尻を突き出すぶったんママ 小さなチビの助の小さなチ○コが赤くなって出ているのを見ると、なんとも複雑な気持ちになりますが、それがハムの生まれ持った本能なんだから仕方がない

ここ最近は様子を見ていて「あ、今日はヤバイかな」と分るようになったので、その日は一緒に散歩をさせないようにしています

人間でもつい最近まで血を残すために近親者同士で結婚を行っていた部族は沢山あるわけで、例えば日本の皇族もそうでした

ただ、人間の場合はフェロモンを使って、自然と自分とは極力違うタイプを選ぶ本能があるそうで、思春期の女の子が突然父親の事を 臭い!と感じるのも、自分と似ている異性を避ける本能からきています

なんとも合理的に進化したのが人間なわけですね

けど、実際 では結婚を… 出産を… と考えたときに色々な利害関係が生まれてなかなか次のステップに進めない女性も多いと思います

我が家もまだ子供がいませんが、いざ出来たときに、では今の仕事はどうなる?生活は出来ていけるの??など、やはり考えます

本来の本能に従って安心して生活出来る世の中になってほしいものです

■おまけ ジュニアたちの動画■

ジュニアたち

最初に出てくるのが里子に出たジュニア

片目が軟膏で開いてないのがチビの助 です☆

にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

春の鎌倉山散歩

018 棟方志功版画美術館檑亭を散策しようと鎌倉山へ行ってきました

むかしから素敵な邸宅が並ぶ高級住宅地でもあります

桜は終わってしまったけど、新緑が気持ち良い~!

棟方志功版画美術館は思っていたよりこじんまりしていて、以前倉敷の大原美術館で見たような圧倒されるほどの大作はないものの、挿絵なども展示してあり、なかなか面白かったです

015 それにしても手入れの行き届いた素敵な庭園がある邸宅ばかり

大きなハタキで外壁を掃除してる住人の方も見かけましたが、立派であればあるほど大変そうです

サボテンすら枯らしてしまうような私には到底無理な話です(その前に一生住む事はないでしょうが)

色々な土地に訪れていますが、その街の景観を保つってことは住人の方々のその街を愛する気持ちや努力の賜物だと思います                                                      

029a_1  そして、檑亭へ到着

ここは本来蕎麦どころなのですが、敷地内に広がるあまりにすばらしい竹林と日本庭園が目的の方も多いのではないでしょうか

ちなみに隣には山椒洞という会席料理の店もあります

私がよく利用する逗子ハイランドのメロン館も姉妹店です

038 043                                                                                    芽息吹くこの時期、今しか食べれない国産のたけのこ や たらの芽、新物野菜を食卓に取り入れてほしいものです

あと一ヶ月もすればまた輸入物だらけになってしまいますよ~041

さて、 私が檑亭の敷地内を散策していて好きなのは、沢山の羅漢像が点在していることです

今の自分はどれに似てるかなぁ~ なんて思いながらユニークな表情の羅漢像を一体一体見てまわります

生きていれば人間も変わっていきます

面白いものでそのときそのときで、なんか自分っぽい と思う羅漢像は違います

←今の私はこんなかなぁ

    

035a それにしても、この広大な敷地内を美しく保つ為の労力を想うと気が遠くなりますが、前回の日記で紹介した河合隼雄先生著「ナバホへの旅 たましいの風景」の中でもありましたが、自然そのままの英国式庭園に慣れ親しんだ人たちに言わせると、盆栽・日本庭園は人の手によって成形を変えるなんて、なんて人工的なんだ と思われているようです

が、そこは日本人の自然に対する考え方の違いで、「この樹木はどうして欲しいのだろう、どう育ちたがっているのだろう」と、対話するのが庭師の仕事だそうです

つまり自分(人間)は、自然に仕えている という概念です

042 現代は日本でも個人を重視する風潮がありますが、ここのようなきちんと人間と自然の対話が出来ている場所を訪れて、頭上で響くうぐいすの鳴き声、木から木へ飛び移るリスの姿を眺めていると、やっぱり大事なのは支配することではなくて、対話なんだな と痛感します

随分回り道をしてから檑亭にたどり着き、美味しいせいろ蕎麦を食べ、良い時間を頂きました

5~6月頃になれば、菖蒲や紫陽花が見ごろになるので、また訪れようと思います

 

※他の写真はサイドバーのフォトアルバムをご覧下さい

にほんブログ村 健康ブログへ

ブログランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

たましいの風景を想う

ここのところ電車による移動時間が多かったので、まとめて書籍を読むことが出来ました

私の読書の仕方は少しややこしくて、ストーリー重視のミステリー・ノワール物は別として、基本的に3冊同時進行が多いです

1.技術的にプラスになるような専門書

2.体のしくみ・症例についての専門書

3.固定概念を取り払ってくれる本

ポイントは3.なのですが、別に決まったジャンルはなく、頭でっかちにならないように心を開放してくれればいいだけなので、時に絵本だったり児童書だったりします

施療もそうですが、だらだら長く作るより、いかに簡潔にまとめるか という方が難しかったりします

絵本・児童書はそこに「教訓」めいた要素を入れなければ成り立たないので、大人の目線で読むと結構勉強になります

なので、あのハリーポッターの第一作を読んだ時の衝撃は今でも忘れられませんが、残念ながらだんだんとストーリーを追うだけの尺の長い子供向け小説となってしまった観があります

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

で、児童書のことは置いておいて、今回 3. として読んでいたのが、臨床心理学の第一人者として有名な河合隼雄先生の「ナバホへの旅 たましいの風景」です

国籍・風土・宗教などありとあらゆる要素をとても客観的に見て、人の生き方・今後の世界のあり方などを気持ち良く説いてくれる方で、ほとんどの書籍を読みましたが、今作もまた日本人として色々と考えさせられ、同時に頭にモヤモヤッと渦巻いていた雨雲を消去ってくれました

美徳ともいえる、良い意味での曖昧さ、はっきり言葉に出さなくても自然と通じ合え、微妙な距離感を保てる本来の日本人特有の長所

自然も神もすぐ近くにいる仏教的感覚

欧米化が進めば進むほど、そんな日本人としての心って小さくなってきてますが、自信を持って本来の国民性を取り戻していきたいものです

一施療家としても、微力ではありますが、長い歴史を持つ東洋医学を施療を通じて残していく手助けが出来ればな と思います

たましいの風景…ナバホの人たち同様、こんな素敵な概念がある日本人に生まれて良かった と思える未来になってほしいものです

ナバホへの旅 たましいの風景 Book ナバホへの旅 たましいの風景

著者:河合 隼雄
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 健康ブログへ人気blogランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

巣立ちの時

330_069 前々回の日記でも悩んでいた「ぶったんママと、最後に残ったジュニア二匹(♂+チビの助)を別ケージにするか否か」という問題ですが、やはり性成熟期も目前に迫り、ぶったんママがメス特有の強気っぷりを発揮してきたので、別ケージに分けました

ま、日中は私の心配もよそに、各自個性を発揮して思い思いに寝てますが。。。

←なんだか落着くんだろーなぁ。ちなみに怪我するといけないのでこのパイプは途中で塞き止めてます

  

331_067 ←こちらもコックリコックリ寝てらっしゃいますw

人間でもよく見かける光景ですね

さて、この子を里子に出したら、いよいよ持って我が家にはドンであるぶったんママと、いまだに小さいうえ先日片目に軟膏を塗られてさらに可哀相なチビの助の二匹になります

順に里親さんの元へ引き取られて行き、ちょっぴり寂しい反面、問題ない状態できちんと里子に出せたことにホッと安心もしています

私は犬や猫は飼ったことがないのですが、よく悪徳ブリーダーや悪徳ペットショップの話を聞くと、よくそんなことが出来るなーーと耳を疑います

小さくても「命」を扱っているのにね

特に最近は「mix犬」として売られている犬も多く見られますが、人間の趣向にだけ重点をおいて不自然に産ますのはどうかと思います

我が家のキンクマたちも、元々は自然界にいない品種ですけどね

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

私が働く癒し・健康業界でも色々と悪い噂を聞くことがあります

たいがいが問題のある商売の仕方で、健康にかこつけて抱き合わせ商法的なことに騙された方も多く、私が物販に関してさらに興味が湧かなくなる原因になっています

購入した商品が満足いく物ならまだ良いですが、根本的に問題のある商品を販売するなんてことは話しになりませんし、販売する側がその商品についてよく理解してない場合もあります

私の場合は、まず最低限、自分が心底ほれ込んで、その商品について深く理解しないと(単に自分には効果があったとかそんな程度じゃなく)とてもじゃないですが人には薦められません

お客様の中にも、藁をもすがる思いで色々な健康法・手技に飛びつく方がいらっしゃいますが、だからなお更、自分の許容範囲内で出来ること・出来ないこと つまりその方にとって一番良い方法を一緒に考えてあげる事が大切だと考えています

…て、何でこんな話になったんだ??w

047_1  ともかく、人を扱うせよ動物を扱うにせよ、そこにはまず相手を想う純粋な愛情がなければ、何より大事な信頼関係を損なう事になるでしょうね

ハムスターの場合は、気長に接しないとなかなか信頼関係が生まれません

なので、こちらとしても必然的に注意深ーーく観察することが多くなり、出張整体一本になってから多少の安定感が生まれていた最近の私にとっては、初心に戻れるいいきっかけを作ってくれました

みんなみんなこれからも達者でな!Good Luck!

■おまけ■~じゃれあうジュニアの動画 激しいですw~

遊んでるの?ケンカしてるの?

(片目が開いてない方がチビの助)

にほんブログ村 健康ブログへ人気blogランキングへ

↑よかったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

桜 満開

41_1 横浜は大岡川沿いに続く名物桜並木です

井土ヶ谷から出発し、前方にそびえ立つ桜木町のランドマークタワーを目指します

通勤の際に京浜急行から毎日見下ろしている人も多いかと思いますが、じっくり歩くのは私も初めてです

41_2 ゴムボートを皆で漕ぎながら桜を愛でる なんていうのも面白いですね

子供からお年寄りまで楽しんでいました

もちろん、自前のボートを出して優雅に花見をする人たちも多数 羨ましい限りです

      

275 沢山の 露店がズラーッと立ち並び、思い思いに宴会を繰り広げる地元の方々

地元の飲食店の露店も大繁盛

タイ料理や中華を食べながらお花見 なんていうのも最近では当たり前になってきましたね

この土地独特の活気を肌で感じながらの楽しい花見散歩でした

ここ最近、こういった「らしい」花見会場から足が遠のいていたのですが、たまには良いもんですね

274 昨年はというと、横須賀の塚山公園や、厚木方面の自然そのままの山奥巡りをしました

当然、余計に目に入るビルなどは無いですし、まったりのんびりくつろげます

けど、都会でのお花見の良さは その土地に生きる人たちの活気 を感じられるところで、地元の人たちがいかに協力してこの美しい桜並木を守っているかよく分かります

何も無いところでボーッとしたい時もありますが、今の私にはこういった熱い人たちのパワーを頂けるところの方が合っているようです 

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.

それにしてもこの日はよく歩きました

気分的にはあっという間に桜木町に着き、ものすごーく久しぶりにランドマークタワーやクィーンズスクエアで大好きな雑貨を物色し、一日遅れの誕生日プレゼントを買い、大道芸でびっくり大笑いし、ハードロックカフェでクアーズを飲みジャンクフードを食べ、最後は横浜駅まで歩きました

さすがにすっかり日も暮れて、ようやく横浜駅が見えたときは足が重くなっていましたが、普段はなかなか時間が合わない勤労夫婦なので、久しぶりに二人で「らしい」ひとときを過ごせて楽しかったです

今の仕事を始めてからは、意識して淡白な生活をするように心がけていますが、何も仙人のようになることが良い施療家になる道ではないですからね

そんなわけで、ちょうど私の誕生日とともに新しい年度が始まるこの季節

今年度は、ちょっと封印していた色々な楽しみを復活させようかと思っています

にほんブログ村 健康ブログへ人気blogランキングへ

↑良かったらポチッとお願いします(゚ー゚* )

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

掲載されてます

  • 珈琲時間 2010年 11月号 [雑誌]

    「焙煎師という仕事」のページに当店も載ってます
無料ブログはココログ