フォト

女性に優しいリラクゼーション整体です

  • 快整体術に基づいた、経絡調整を中心にストレッチ等織り交ぜながら心身のバランスを整えていく、深いリラックスを体感しながらもしっかり効く、女性も安心の優しい整体です。日常動作やセルフケアのアドバイスも致します。前身の「出張整体ちろりや」から今日まで、幅広い年代のお客様にご利用頂いております

整体メニュー

  • ・整体60分5,000円・整体45分4,000円 ・整体30分3,000円・顔リフレ3,600円 ・フットリフレ30分 3,500円  延長15分1500円

早朝・深夜料金

  • 施術スタートが10時以前、または20時以降、及び施術終了時間が21時を過ぎる場合、別途500円頂きます

歴史ある町屋商店街にございます

  • 〒236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町19-4 ★ 045-367-9371 ★歴史ある町屋商店街の一角にございます 金沢小学校すぐそば ★最寄駅は 京急金沢文庫または金沢八景駅から徒歩12分 またはシーサイドライン野島公園駅から徒歩5分 バスをご利用の場合は町屋バス停から徒歩1分

珈琲豆&癒し処ちろりやfacebookページ

facebookお友達募集中

フォローよろしく

« 宣伝広告に試行錯誤してみる | トップページ | 女性の体って不思議 »

「栄養」ってどうなんだろ

ウイダーinゼリーpresentsBURN the FLOOR を観て来ました♪

各国の選りすぐりのダンサーが集結した、大変ダイナミックな舞台でした

私はさほどダンスは詳しくないのですが(正直、以前観たセイビアン グローバーの驚異的なタップやリバーダンスの方がダイレクトに衝撃だった単純な一般人デス)、同席した社交ダンス世代の母親は

「技術的には日本人でも通用するダンサーがいるけど、まぁなにせ見栄えがねぇ・・・」

と、身も蓋もない事を言ってました(^_^;)コラ~

ホントに皆さんすばらしく鍛え上げられた肉体美!

驚くべき身体能力!!

施療家としては

「あぁ~、あんな動きしてよく腱痛めないなぁ~」

「何をどう鍛えたらあんなキレのある動きが出来るんだろ・・」

「あの筋肉はどうストレッチすれば効果的なんだろ・・」

と、すっかり違うところへ思考が飛んでました (笑

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。

タイトルの「栄養」なんですが、ウイダinゼリーpresentsなので、スクリーンにダンサーたちが美味しそうにウイダinゼリーを飲むCMが何度か流れました

別にこれを分析する気はないのですが、最近は健康食品サプリメントがブームですね

以前勤めた施療院ではサプリメントを扱っていました

理由はこうです

「戦前の日本ならともかく、今の日本の土壌で作られる作物は栄養価がすっかり落ちていて、サプリメントで補わなければしっかり栄養が摂取できない」

・・まぁ、確かにそれも一理あることはあるのですが、栄養素(ビタミン等)っていうのは体内で生成されるものもあれば、そのまま摂取するものもあります

何が良くて何が悪い・・というわけでは無いです

だから○○にはこのサプリ!

と単純には言い切れないはずなのに、一つの目立ったサプリがあると、それだけ摂取すれば良いのかと勘違いしてしまう人が多いです

だいぶ以前、こんなにブームになる前の話ですが、大変若々しいおばあさんが知り合いにいました

すると彼女の大きなピルケースに複数のサプリが!

かるく10種類はあったと思います

これが彼女の美の源かぁ~・・と驚いていると

「私の母親もそうだったのよ~」

とのこと。・・ということは、約一世紀前からそういう習慣があった家系なのね・・と、脱帽。

理にかなった説明もしていただきましたが、当時の私にはチンプンカンプン(笑

本気で考えている人、なるべく自分で体の仕組みを勉強してみてください

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。.

ちなみに、銀座に行ったついでに行きつけの漢方薬局に漢方茶を買いに行きました

一口飲んで1分後には鼻の頭に汗がにじむお気に入りの漢方茶があります

けど、母親は5分かかりました

漢方も本来は丁寧に診察を受けて処方していただくものです

一人一人違うカラダなんだということを念頭に置いて、美容と健康に励んでいただきたいものです

にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 美容ブログへ人気blogランキングへ

↑よかったらどれかポチッとお願いします(゚ー゚* )

« 宣伝広告に試行錯誤してみる | トップページ | 女性の体って不思議 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

掲載されてます

  • 珈琲時間 2010年 11月号 [雑誌]

    「焙煎師という仕事」のページに当店も載ってます
無料ブログはココログ